お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

名古屋ではない人気店 名古屋のスープカレーのおみせ あかつ

こんにちは甘党社会人です。

名古屋に来てまだ5カ月ですが名古屋グルメ以外も食べたくなるお年頃。

身近な人に聞いてみると名古屋名物を食べる愛知県民はなかなかいないみたいで名古屋名物を探すのが大変だった数か月前とは打って変わって普通のお店意を探し始めています。

今回は行列でお昼時は長蛇の列ができるおみせあかつに行ってきたので感想をまとめます。

食べた感想はカレーも漬物もおいしい素晴らしいお店でした。

カレーの味もさることながら、インド料理店だとただただ辛いアチャールにような漬物がマイルドで箸休めとしてちょうどいい味付けでとてもおいしかったです。

開店と同時に入りましたが座席数が少なくすぐに行列ができていました。

また売り切れ次第終了ということで食べられないこともあるそうです。

 

スパイスカレーあかつについて

まず基本情報をまとめていきます。

店内

茶店のような落ち着いた雰囲気ですがカレーのお店ということもありカレー粉などの販売も行っていました。

カウンター三席程度、テーブルが6つくらいに見えました。

アクセス

名古屋駅から徒歩10分くらいのところにある小規模なお店です。

www.google.com

 

メニュー

f:id:kubottti:20190829153028j:image

カレーは週替わりで三種類だけ。

週替わりなので次にいつそのカレーが出てくるかはわかりません。

注文すると一つのお皿に合盛のような状態で一つのお皿でカレーが出てきます。

カレーのほかにアチャール(インドの漬物)のようなものが3種類ついてきます。

またパクチーが標準で入っていますが抜きにすることもできます。

 

トッピングとして「追いパクチー」や「豚バラのマサラ」などを追加することもできるようです。

またドリンクのジンジャエールも気になりました。

ただジンジャエールってお店によってかなり味が違うので今回はカレーに集中して注文するのはやめておきました。

今回は「サバと大根の和風カレー」「トマトと浅利のカレー」をチョイスして頼みました。

 

味について

f:id:kubottti:20190829153042j:image

カレーはそれぞれ特徴的でとてもおいしかったです。

・大根とサバのカレー

和風の味付けと書いてありましたが少しダシのような風味がありました。

サバも大根も軟らかく、サバのうまみとダシのうまみをしっかりと感じることができるおいしいカレーでした。

・トマトと浅利のカレー

トマトの酸味がきいたあっさりとしたカレーでした。

ゴロゴロとしたトマトは前述の和風の濃厚なカレーと比べあっさりとしていました。

しかし少し辛めの味付けのためトマトの酸味が引き立っていました。

アチャール

写真奥でご飯に隠れているのが漬物です。

インド料理店だとたまに玉ねぎや大根を用いた漬物が出てきますがこれらをアチャールといいます。

現地の味付けで行くとかなり玉ねぎや大根の辛さが際立ってあまり好きではありませんでした。

あかつでは3種類くらいありましたが玉ねぎしかわからず、そのほかは野沢菜のようなものに見えました。

あかつのお店で出されたものはかなりマイルドに味が調えられていたのでとても食べやすかったです。

 

まとめ

今回は初回ということでカレーだけでしたがトッピングとドリンクもかなり気になりました。

カレーもさることながら漬物までおいしいカレー屋さんはそうそうお目にかかれません。

今度行くときはトッピングと件のジンジャエールを試してみたいです。

 

数か月もたつと名物ではなくおいしいお店探しに移り変わってきています。

あとは普通に甘いものが食べたい。