お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

ビター好きにおすすめ。ハイカカオのクランチチョコレート ハイカカオのメリットデメリット

こんにちは甘党社会人です。

今回は甘過ぎないチョコレートの紹介です。

個人的にハイカカオの商品が好きで、クランチのザクザクとした食感も楽しめるのでおすすめです。飽きることなく2袋完食しました。

しかし760gなので一人で食べるのは大変でした。

イカカオといってもチョコレートなので食べすぎには注意して下さい。

 

まとめ

・ハイカカオは健康にいいが意外に高カロリー

・一日当たり25gが目安

・カカオニブはあまくないチョコレートそのもの

 

個人的にチョコレートは砂糖の甘さよりも、カカオの風味や苦みが好きなのでハイカカオの商品を購入することが多いです。

今回の商品はカカオ70%くらいです。

砂糖やミルクの甘みやコクを感じるのでチョコレートとして楽しめる.配合になっています。

さらにスーパーフード「カカオニブ」も含まれています。

ほかのチョコに比べ、カカオの味を強く感じることができる商品です。

 

チョコレートと健康

チョコレートに使われるカカオには様々な健康成分が含まれています。

抗酸化作用だけでなく、腸内環境の改善にも効果があるとされています。

 

代表的なものは

ポリフェノール

・カカオプロテイン

 

ポリフェノール

・血圧を下げる

 カカオポリフェノールは血管を広げる作用があります。

血管に炎症があると血管が狭くなり血液の流れが悪くなります。

カカオポリフェノールが血管の炎症をおさえることで血管が広くなることで血圧が下がります。

動脈硬化予防(抗酸化)

 カカオポリフェノールに悪性であるLDLコレステロールの酸化を抑える働きがあります。さらに血管のしなやかさが増します。ポリフェノール量の増加に伴い、良性のHDLコレステロールも増加するため、動脈硬化の予防に働きます。

・肌への効果

 カカオポリフェノールには抗酸化作用があるので、活性酸素を除去し、肌のダメージを保護します。

シミやそばかすへいいとされています。

・アレルギーの軽減

 カカオポリフェノールにはアレルゲンに対して抗体がつくられるのを防ぎ、肥満細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぎ、アレルギーの発症を防ぎます。

カカオプロテイン

・便通改善

消化されない成分であり、腸に届くことで便通に効果があるとされています。

フィーカリバクテリウムを増やす

長寿の人に多いといわれている腸内細菌であるフィーカリバクテリウムを増やす効果が確認されています。

引用https://www.kenko-media.com/food_devlp/archives/2344

 

カカオニブについて

カカオニブとはカカオ豆を発行、乾燥、焙煎し可食部を細かく砕いたものです。

つまりカカオ100%というわけです。

過去に購入して食べたことがありますが味はカカオ独特の苦みが少しあります。

またチョコレートのような風味があります。

スーパーフードと呼ばれるのはその健康成分から

・ミネラル

ポリフェノール

・アナンダミド

カテキン

ポリフェノールは言わずもがな、カテキンも含んでいるので健康増進に役立ちます。

アナンダミドは別名「至福物質」と呼ばれています。

脳内に働きかけ、やる気スイッチをオンにして精神をリラックスさせる効果があるといわれています。

 

また多量のマグネシウムや鉄分を含んでいるのでイライラを抑えたり、血行が良くなる効果も期待できます。

注意点

イカカオチョコレートの一日の摂取量は25gぐらいを目安にしてください。

チョコレートには砂糖などもふくまれているので、カロリーや糖分の摂取量にはしっかりと注意しましょう。

とくにカカオはカロリーが高いので甘くないですがカロリーが高めです。

 

f:id:kubottti:20190820214717p:plain

独立行政法人 国民生活センター』は、「高カカオをうたったチョコレートの結果報告」 のなかではハイカカオの商品のほうがカロリーが高いと報告されています。

理由は使用されているカカオバターの量が増えるからです。

カカオバターはカカオ豆から抽出した油分のことでハイカカオになればなるほど使用量が増えるので脂質が高くなります。

健康にいいのは確かですがほどほどにするのがいいのです。

 

商品紹介

f:id:kubottti:20190821062241j:image
f:id:kubottti:20190821062243j:image

商品名:訳アリカカオニブ入りかかお70%チョコレート

価格:2000円(税込み送料無料)

容量:380g×2袋

保存方法:冷蔵

訳アリの理由:不揃いな形と簡易パッケージ

 

内容量は何と760gで一日当たり30g消費しても25日分になります。

簡易パッケージですが口の部分は閉めることができるので保存はラクラクです。.

チョコレート自体は甘すぎない苦みやコクのあるあじです。

カカオニブのカリっとした食感やクランチのザクザクとした食感を楽しむことができます。

※カロリーが高いため食べる量には注意しましょう

 また容量があるので冷蔵庫の一部を占拠するので注意しましょう。


 

 

まとめ

 チョコレートには健康成分が含まれますがそれはカカオの成分によるものです。

カカオの含有量が増えるほどに効果が上がりますが、同時にカロリーが高くなります。

いくら体にいとはいっても適量を守らなければ独になるので注意しましょう。

・ハイカカオは健康にいいが意外に高カロリー

・一日当たり25gが目安

・カカオニブはあまくないチョコレートそのもの