お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

他にはないラインナップの革財布たち エキゾチックレザー製品の専門店Re-Bone

こんにちは甘党社会人(旧革グルイ)です

f:id:kubottti:20190819192928j:image

エキゾチックレザーに興味ありますか?

エキゾチックレザーと呼ばれる革をみなさん持ったことありますか?

高級なクロコダイルは扱っているお店が多いですがヘビやトカゲ、アザラシなど独特な模様や特徴を持った革はどれも個性的です。

 

今回は7月にお邪魔した「Re-bone」(リボーン)さんを紹介します。

ここはしっかりと認証を得た珍しいエキゾチックレザーを使い個性的な商品を扱ったお店です。

きさくなオーナーさんに商品や革について聞いていたら2時間以上滞在していました。パイソンの他に他で扱っているのを見たことないカロング(水蛇)やテジュー(トカゲ)など珍しいものばかりでエキゾチックレザーに興味がある人は一度訪れてみるといいと思います。

こんな人にオススメ

・エキゾチックレザーに興味がある

・他人と同じ財布は嫌

・エキゾチックレザーについて知りたい

 

エキゾチックレザーの専門店Re-Bone

Re-Boneさんのホームページ

https://re-bone.tokyo/

アクセス

浅草線もしくは大江戸線蔵前駅からが近いです。

googlemap

g.page

購入した商品のレビューは以下で

 

www.kawarecord.com

www.kawarecord.com

 

 

 

店内の様子

f:id:kubottti:20190819192916j:image

商品と商品に加工する前の革が展示してあります。QRコードタブレットが置いてあり、商品情報をすぐに見ることができます。また在庫や展示していない商品は奥から持ってきてもらうこともできます。

 

他にはない珍しい革

蔵前にあるリボーンさんはしっかり国内の認証を取得した革を使った個性的な財布たちが並ぶ魅惑の空間でした。エキゾチックレザーというとパイソンやクロコダイル、エイなどは聞いたことありましたが、他のブランドで聞いたこともないような革も多く大変勉強になりました。またヘビ革ひとつ取っても表面加工によっても艶の有無や手触りが大きく異なるようです。お店で特に印象的だったのは2つ。

カロン

f:id:kubottti:20190819192959j:image

鱗のないヘビを使った革で触った感じは表面に突起がありザラザラした感触

・テジュー

f:id:kubottti:20190819193052j:image

お腹にクロコダイルのような長方形の鱗があるのが特徴的でトカゲの中でも高級な種類。加工によって艶のあるものとないものがある

 

個性的な商品設計

外側にエキゾチックレザーを使いつつ内側にもこだわった商品が多いです。耐久性に気を使い店頭では商品の横にQRコードがありすぐに商品情報を見ることができます。大きく分けて4種類ですがそれぞれの中に一風変わった商品が多く気になった方は一度本物を見にお店に行ってみることをおすすめします。

さらに保障がつくため商品の状況を確認して修理など行ってもらえます。.

※内容によっては有償になったり、受け付けられないけーすもあるぞうです。

また財布に限らず革小物も製作中とのことで見せていただいた名刺入れは外側はエキゾチックレザーで内側がすべて銀面の牛革でできたものでこだわりの強さを感じました。

 

※引用はすべてRe-Boneさんのホームページより引用しています。

・reborn wallet

2つのパーツをジッパーで固定して一つの財布が出来上がるデザイン。いろいろな種類のパーツがあり組み替えて自分オリジナルの財布が出来上がります。使い勝手にも考慮されていてジッパーがあることにより財布を全開に折り曲げても革に負担がかからないなど実用的なデザインになっています。革質は牛革からアザラシ、パイソンなどどれも特徴的な表情をしていました。

f:id:kubottti:20190819193227j:image

Re-Bone walletとは

re-bone wallet(リボーンウォレット)は
ウォレットを友人同士、夫婦間、カップルなどで共有できる、
今までありそうで無かった特許取得の“シェアウォレット”です。
お互いの片割れを持てば、より相手の事を身近に感じられるとre-boneは考えています。

 

・classic

基本的な形の長財布ですが、内側の耐久性やコバの処理など手間とコストを惜しみなく使っています。もちろん外装もしっかりしていて高級なテジューの一枚革だったり、カロングの上から巻くように蛇革を縫い付けたものまであります。形以外はRe-Boneさんのこだわりがふんだんに込められています。

 

f:id:kubottti:20190819200629j:image

classicシリーズ

高級エキゾティックレザーをアウター全面に使用し、インナーには牛革やナイロンなどを使いカジュアルさの中に高級感を演出したエキゾティックレザーのハンドメイド財布を手軽に楽しんで頂けるシリーズです。

 

・original

キルティングを施した財布

外側だけでなく内側まで高級なダイアモンドパイソンの財布

内側もclassic以上にこだわりがあり中には外中両方にパイソンをあしらったものなどエキゾチックレザーの使用範囲が広い商品があります。

中までパイソンレザーでできた財布は見た目もお値段もインパクトがありました。また一つの財布に五種類のエキゾチックレザーをあしらったものなど教務深かったです。

 

originalシリーズ

高級エキゾティックレザーを使用した、Re-Boneの「スタンダード」を表現したシリーズです。エキゾティックレザーの高級感だけでなく、天然皮革が醸し出す生命の軌跡を感じて頂くことができます。

 

・special

originalをさらに進化させたシリーズ。パイソンやリザードを100%使用した財布やダイヤモンドパイソンの下地に銀箔、ピンクゴールドの蛇革を重ねて2つの色を楽しめるものなどたぶんほかに作ってるところはないですね。写真は二枚の蛇側を重ねた商品です。ピンク色の部分が下地でその上にぱいそんがあしらってあるそうです。

f:id:kubottti:20190819200700j:image

specialシリーズ

Originalシリーズをベースに、より貴重なレザーを贅沢に使用し手の込んだ特殊加工などを施した特別仕様。
「美は細部に宿る」という哲学の基に「財布」という概念を超えたアート作品をテーマにしたシリーズです。

 

 

まとめ

蔵前に新しくショップをオープンしたRe-Boneさんは珍しいエキゾチックレザーをつかって、ほかにはない財布を作り出すこだわりの強いショップであると感じました。

エキゾチックレザーに興味がある人はホームページをまず確認してみるといいと思います。そこにお手入れや革の種類について様々な情報が載っています。さらに興味がわいた人は実際のお店に行ってみると現物を手に取って確認したり、オーナーさんからより詳しい話を聞けたりするのでおすすめです。