お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

革製品を水から守る 撥水と防水の違い

こんにちは革グルイです。

街中で売られている「防水スプレー」には2種類あるってご存じですか?

ひとくくりにされていますが成分の違いにより「撥水」と「防水」に分けられます。

革製品に限らず靴などに防水スプレーを使うことはよくありますよね?

でも一歩間違えると雨から守れても製品の寿命を縮める可能性があります。

防水スプレーの一部は膜を形成して水だけでなく空気も遮断してしまうものがあるからです。

フッ素を使って表面を保護してくれるタイプのスプレーなら通気性を確保しているので革製品には向いています。

自分も革靴にコロニルのウォーターストップを使っています。

人気も高くハンズなど取扱店もおおいので安心して使えます。

※使用する際はめっだたないところでテストしてください

今回は撥水と防水の仕組みや性能の違い、ケア方法を説明していきます。

f:id:kubottti:20190816192553j:image

ポイント

・撥水は水をはじく上に通気性を確保できる

・防水は膜を形成して水も空気もが浸透しない

・防水のほうが水の侵入を防ぐにはいい

・革製品にはフッ化水素系の撥水を使うのが通気性などの観点から好ましい

撥水について

 

撥水とは読んで字のごとく水を弾くことを指します。

繊維を付着させ空気と繊維の層を作ることで水を寄せ付けません。

水滴を落とすと水玉のままの形で流れ落ちます。

空気の層があるため湿気をとおしてムレにくくします

撥水加工の効果が薄くなると同時に蒸れやすくなります。

フッ化水素を成分として含んだ商品はこれに当たります。

利点

通気性があるため蒸れにくい

空気の層があるのでそこでコントロールできる

クリームなどでケアする必要がある革製品にはこちらがおすすめ

雨などはすぐに流れ落ちるので水と接する時間が少ない

雨は弾かれてすぐに流れ落ちるので、湿気をよく逃がしてくれます。

欠点

撥水効果が落ちるとムレやすくなる

表面に水滴が残り続けるとその分空気と接する面が少なくなり結果的にムレる

完全に水を弾くわけではない

防水に比べて雨を通さない機能がない

防水は完全に膜で覆うため水に強いのは防水です。

表面に水がとどまり続けたり、圧力がかかると水が浸透してしまいます。

防水について

 

防水は膜を形成して完全に自ら守ります。

水以外にも空気なども完全に遮断するので革製品には向きません。

シリコンなどを主成分とするスプレーがこれに当たります。

利点

・水以外も弾く膜を作る

しっかりとした防水は空気も通しません。

・水に対して強い

膜があるので撥水よりも完璧に水からまもってくれます。

欠点

・ムレる

服や靴などに使うと水蒸気を通さないのでムレる

・ケアできなくなる

クリームを塗っても革まで浸透しません。

また空気と接しないためエイジングも止まり、製品寿命が短くなります。

革製品を水から守る方法

手軽なのはやっぱりスプレー。

フッ化水素を含んだ撥水効果のある商品がおすすめです。

 


そのほかのケアアイテム

https://room.rakuten.co.jp/room_512c7c10ab/1800004019922219

使用方法

吹き付けるだけですが細かい点に注意すると効果をしっかり発揮してくれます。

スプレーは乾かすことで効果があるのでしっかり乾かしてから使い始めてください。

※まず目立たないところでテストしてください。また製品によっては使用できないものもあるので注してください。

①ブラッシングと乾拭き

汚れを落としておきます。

そのままにしておくと汚れごとコーティングしてしまうので汚れが落ちにくくなってしまいます。

また汚れた部分だけ撥水効果が生まれないこともあるのでしっかり落としましょう。

②スプレーを振ってから財布やカバンに吹き付ける

20cmくらい話してスプレーすること。

商品が濡れていると効果がないのでしっかり乾いていることを確認してから使用してください。

また必ず外で行ってください。

③乾かす

乾かさないと効果がないので使う前日に行うのがベストです。

まとめ

・撥水は水をはじく上に通気性を確保できる

・防水は膜を形成して水も空気もが浸透しない

・革製品には撥水のほうが通気性などの観点から好ましい

・スプレーをするときは用法を守って、テストしてから使用

雨や水は天敵なので撥水効果を与えて革を保護すると多少安心できます。

雨の多い時期にだけ使うのもありかもしれません。