お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

「高級革」×「職人の技」×「適正価格」老舗ブランド 万双 コードバン2つ折り財布 レビュー

綺麗なコバ処理と整ったステッチ

職人の技が惜しみなく詰まった万双の財布

 

f:id:kubottti:20190816190958j:image

革財布に興味がある人新しく買いなおしたい人が一度は持ってい見たい最高級の革といえばやはりコードバンではないでしょうか。鮮やかに光る革と滑らかなさわり心地は一度目にした人を虜にします。

しかしコードバンは黒いダイヤモンドというくらい他の革に比べて高いです。

そんなコードバンの財布に職人の技術が合わさり、なおかつ低価格という夢のような財布をご存じですか?

今回は細かいところまでこだわりぬいた、丈夫で鮮やかな万双のコードバン財布を紹介します。コードバンに限らず新しい財布をお探しの人はぜひ一度万双のサイトをのぞいてみることをオススメします。

 

万双について

1995年創業(自分より若かった)

売店アメ横にある小さい直営店と神戸にあるアトリエのみ。

オンラインショップでも購入が可能です

万双という名前は実はてきとうにきめています。看板を書き換えるのが面倒だったため前のお店のものをそのまま使ったとホームページにも書かれています。

 

革は丁寧になめされたものばかりです。双鞣和地(そうなめしわじ)はタンニンのみで2回も鞣された国産皮革ですし、そのほかの革もエイジングが豊かに表れる方法で丁寧になめされたものばかりです。

また技術へのこだわりが強く、こだわりすぎた結果職人の数が少なく生産数があまり多くありません。財布を丈夫にするためステッチ(糸)がきれいに斜めにそろう菱縫いをおこない、コバ(革の断面)もしっかりと磨かれた状態になっています。

さらに「価格」にもこだわりがあり品質重視のつくりをしているのも関わらずほとんどの商品がほかのブランドと比べて低価格に設定されています。これは「鞄に10万も20万も出せない」という社長のこだわりが反映されています。

この価格を実現するために広告宣伝費や販売手数料を抑えるなど涙ぐましい努力が行われています。

万双のこだわりはyoutubeに動画として挙がっています。

www.youtube.com

 

 

商品レビュー

f:id:kubottti:20190816191023j:image

 今回紹介するのは小銭入れ付きのコードバン2つ折り財布です。一年くらいに購入し、税込み24,300円。色は2色展開でネイビーを選択してます。普段は使わず、じっくりエイジングさせています。

f:id:kubottti:20190816191120j:image

まずは外観から1年ちょっとエイジングさせた結果、色の深みが出て黒っぽくなっています。購入当時はツヤはなくマットな感じでしたが、現在では光沢感が出てきています。コードバンはエイジングがゆっくりなのでこれからの変化に期待してます。

ステッチ(縫い目)も評判にたがわずきれいで、コバ(革の裁断面)の処理もきれいで凸凹していません。

中は全面的にヌメ革でできていて、買った当初からタン色(ベージュ)に茶色が薄く混じったような色をしてます。ボックス型の小銭入れで小銭が取り出しやすいです。札入れは仕切りがあり、使い方によって入れる場所を変えられます。カードは表に4枚とその後ろに1枚入ります。買った当初は革が硬く、きつめなので出し入れに苦労しましたが今では柔らかくスムーズです。

 

使いにくい点はやはりコードバンが水に弱いという点。革としての魅力が高いのですが水に対してめっぽう弱いので注意が必要です。

しかしこれは全てのコードバンに言えることであり、その対価としてかなり美しく変化します。

自分で育てる分愛着がかなり沸くのが魅力です。

また生産量が少ないく、販売店が限られるので在庫状況などはお店にお問い合わせください。シンプルですが良さがわかる人にはしっかり伝わる財布です。

 

まとめ

単にコードバンの財布が欲しいだけでなく

・技術が詰まったきれいな財布が欲しい人

・費用対効果の高い財布をお探しの人

こういった人は一度万双の財布を検討してみるといいと思います。

もちろん職人腕だけが財布の良しあしを決めるわけではありません。ですがそこにこだわりがある人にはお勧めできるブランドです。

購入経路がかなり限られるので実物を見るのはなかなか難しいですが、社内に審査基準がありそれを満たした商品しか並ばないので品質は保証されます。(あくまで自社規定なので限界があると思います。)

他社との比較すると価格面で不安になるかもしれませんが、質で大きく劣るのではなく

広告などの費用を省いた経営努力であることに間違いはないと思います。