お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

「名古屋駅近く」がっつりお肉を食べれるお店 ステーキハウスインディアンズ

「肉の日」ということで最近知ったステーキハウスを紹介します。

結構人気のようで周りで知ってる人が多かったので今更感があるかもしれません。

初めて行った時の目の前で切り分けられるステーキは今でも忘れられません。(数週間前)

筋トレなど運動を始めた自分は脂質と炭水化物にまみれた食生活改善のため、たんぱく質を多めとれるように心がけています。このお店のお肉は赤身肉を提供してくれるのでヘルシーにおいしくたんぱく質が摂取できます。

※いくら赤身といっても食べすぎに注意してください

定番は厚く柔らかい赤身のステーキ!自分好みに焼いて食べる店「ステーキハウス インディアンズ」

f:id:kubottti:20190629175929j:image

インディアンのキャラクターと「食いまくれ」のもじが強烈なお店。

名古屋周辺で店舗数を拡大しているここはおいしい赤身のステーキを食べれるお店です。自分の食べたい量に合わせて調整できるほか、団体向けのシェアメニューあり、リーズナブルに好きなだけ食いまくることができます。

 

アクセス

今回のお店は名古屋駅から徒歩十分くらいです。

名古屋駅からヤマダ電機のある交差点右に曲がり、カニ本舗のある通りを目印にまっすぐ歩いていくとたどり着けます。

goo.gl

メニュー

f:id:kubottti:20190629180021j:image

ステーキとハンバーグを軸にがっつり食べられる商品ラインナップになっています。

セルフ式などを取り入れることでコストを抑えているのか、質と量のコストパフォーマンスは高めです。

・インディアンステーキ(ハラミの赤身)☆今回食べたのはこれ

筋や脂身が少ないお肉をレアの状態で提供してくれます。焼き加減は注文できませんがテーブルごとに鉄板があるので好みの焼き加減でいただけます。食事中に厨房をみていたら筋や脂身をトリミングしていたので極力赤身だけになるようにしているみたいです。筋が含まれた場合も切り分けて焼き加減を調整して食べやすくしてくれます。

 

・ハンバーグ

あらびきタイプとふわとろタイプの二種類

両方ともビーフ100%。

あらびきは香辛料が強く肉の感触を強く感じます。一方でふわとろは後述するオリジナルソースに合うように香辛料などは弱めで柔らかさがウリです。

ふわとろには大きさ3倍の「メガハンバーグ」もあります。おなか一杯食べたい人はぜひ頼んでみてください。

 

・サイドメニュー

ドリンクバー、サラダバー、ライスを注文できます。

平日限定ですがランチタイムにはドリンクバーやライスが無料でついてきてお得です。

 

・シェアメニュー

2人以上でシェアして食べるメニューがあります。

ステーキとハンバーグがセットになっていて両方食べたい方向けになっています。

ただし最低でも450gの肉が出てくるので一人で食べる際は注意が必要です。

中でも気になったのは「パワーシェアセット」お肉のほかにさつまいもとプロテインがついてくるという一風変わったセットで4名様用になっています。レーニングをしてたんぱく質に飢えている人は仲間を誘っていってみるのもいいかもしれません。

 

・そのほか

ハラミ以外にも飛騨牛、イベリコ豚、フィレなど様々な部位を扱っています。

また数量限定でステーキ丼の提供もしています。食べてみたいですが売り切れが早いのでなかなかありつけません。

たくさん食べたい人はチャレンジメニューや60分の食べ放題もあるのでチェックしてみてください

steakhouse-indians.com

提供方法

流れとしてはカウンターで焼いたお肉をお客のところに持っていき切り分けてくれます。大きいお肉が目の前に出てきた時のインパクトはすさまじいです。

焼き加減は選べず、すべてベリーがつくくらいレアです。各席の鉄板で好きな焼き加減に焼いて、好きな大きさに切って食べます。

写真は450g 税抜き1980円

f:id:kubottti:20190629175952j:image

味・ソース

f:id:kubottti:20190629180010j:image

提供された段階では塩コショウの身になっています。

味付けは特性のステーキソース、岩塩、塩コショウ、A1ソースから自分が好きな味付けにできます。また大根おろしやニンニクなども用意されています。

大根おろし等は自分で取りに行く必要があります。

  • 特性のステーキソースは大根おろしの入ったさっぱりとした味付け
  • A1ソースはトマトとお酢の酸味が聞いたすっぱめの味付け

お肉は筋が少なく柔らかいです。上の写真で赤身部分が多いことがわかると思います。

かなりレアな状態で提供されるので多少焼いても柔らかいお肉が食べられます。

ソースとの相性がよく、蚊がついたらペロリと平らげてしまいました。

感想・まとめ

料金も他に比べると安く、柔らかい赤身のステーキが食べられるので29の日に関係なく利用しています。赤身肉を腹いっぱい食べたい人はぜひ一度ステーキハウスインディアンズへ行ってみてください。