お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

「一代限り!?」機能性×独自性 オススメ革財布ブランド m+(エムピウ) 紹介

機能性と独自性を兼ね備えた革財布ブランド

m+(エムピウ)

f:id:kubottti:20190628230421j:plain

数あるブランドの中でも商品の機能性と独自色が強いのが特徴です。

革もこだわりがあり、自分の手でエイジングさせていくことができます。元建築家である村上雄一郎さんがデザインした商品はどれも構造が独特で使いやすく作られています。

 

オススメブランドを探す前に自分が欲しい財布をイメージしておきましょう。


ブランド概要

ブランド名

m+  エムピウ

+はイタリア語で「ピウ」と発音します。

ブランド名は作り手である自分と使ってくれるお客さんがいてはじめて商品が出来上がるという思いから来ています。村上さんが趣味が高じてできたブランドだけあって、今後引き継ぐ予定は今の所ないそうです。

m-piu.com

 

特徴

機能性~ユーザーファーストの財布づくり~

どの財布も独自のデザインから使い手目線で商品が作られています。

財布を作るのではなく小銭やお札を効率的に運ぶ道具を作るといった感じでモノ作りがされています。

ミッレフォッリエを例にとれば折財布なのにカードが10枚以上入り、小銭もボックスタイプで取り出しやすいといいことづくめになっています。

 

 

デザイン~シンプルかつ革を楽しめる~

機能性と天秤にかけられがちなデザインですがエムピウではそれを両立しています。

商品についた金具や丸みを帯びたデザインは他のブランドにない独特のたたずまいです。またこだわりの革が前面に押し出されるので自分が育てた革をしっかりと見ることができます。

 

カラーバリエーション~他に類を見ない種類~

ミッレフォッリエを例に見ていきましょう。

全部で10種類あります。基本的な黒やネイビーといったとこからナポリ、グリージョ、コニャックなど聞いたことない色まで様々です。色によって使用される革は異なりますが、どれもきれいに発色したオリジナリティある色です。

 

革質~上質なタンニン鞣し~

革へのこだわりがすごいブランド

革は基本的にイタリア産のタンニン鞣し革であるブッテーロ、ミネルバリスシオ、ミネルバボックスがメインで使われています。どの革も丁寧にオイルをしみこませているため基本的に乾拭きするだけできれいにエイジングさせることができます。

繊細な革のなかでも扱いやすいものが選ばれています。

ただし水に弱い点は注意が必要です

 

価格~コストパフォーマンス◎~

ミニ財布であるストラッチョは一万円以下、

定番モデルのミッレフォッリエは1万5千円程度。

革の質や利便性を考慮すれば断然安い価格設定なっています。

低価格の理由としてはやはり広告宣伝費があまりかかっていない点だと思います。

また設計の段階で作りやすいデザインにしているために、生産コストがかかっていないのかもしれません。

 

商品紹介(今回は財布の一部を紹介します)

ミッレフォッリエ

村上さん曰く今のモチベーションはこの財布を超える財布を作ることだそうです。

販売開始から10年以上経ちエムピウの顔とも言える商品です。

実際に自分も使っています。

f:id:kubottti:20190816191236j:image

ストラッチョ

ミニ財布として飾り気のないすべての無駄をそぎ落とした財布

こちらも愛用しています。

f:id:kubottti:20190816191300j:image

ゾンゾ

コンパクトなチャックで締めるサイフ

基本構造はストラッチョと同じですがこちらは容量が大きくチャックで閉まるタイプ。

コンパクトかつ綺麗に持ち運べます。

 

m-piu.com

ピアストラ

お尻のポケット向けに作られたサイフ。

ほかのエムピウの財布と比べて薄いです。

あまり小さくないのはおしりのポケットで動き回らないようなサイズに調整してあるそうです。

 

m-piu.com

ロイエン

エムピウでは珍しい長財布

なんと

  • カード45枚
  • お札100枚
  • 小銭をそれぞれ10枚

入れられるとのこと。

さらに中身の量に合わせて、多いときは厚く 少ないときは薄く 形が変化します。

実際に手に持った感想としては少しずっしりしていました。たしかに大きいですが飛び抜けて大きいとは感じませんでした。

m-piu.com

購入方法

注意しなければならいのが生産終了するとネットでは手に入らなくなります。

また一代限りということなのでいつ生産が終わるかもわかりません。

買う買わないは別にして一度は商品の確認をしておくことをオススメします。

・直営店

東京の蔵前に直営店があり、そこでは在庫がある限り生産終了品の購入もできます。

 

・オンラインショップ

エムピウが運営するネットショップです。鞄や小物などすべてを見れるのはここだけです。

 

セレクトショップ

セレクトショップ限定の品が多いのもエムピウの特徴です。

限定カラーや特殊加工されたバージョンが販売されていることもあります。

フリースピリッツさんで販売されているブエプロレザー(表面をきれいにやすりがけした革)で作ったタイプやGALLERIA さんの栃木レザータイプなど種類があるのでぜひ検索してみてください

価格に大きな差がないためポイントが貯まる楽天市場やアマゾンなどを介して購入するとお得になります。

 

 

 

 

 

まとめ

村上雄一郎さんが設計段階から作った「機能性」「独自性」が詰まったオリジナル財布達は便利なうえに革を楽しみ育てることができるいい作品です。

広告をあまり出していないので知名度は低いかもしれませんが知る人ぞ知る優良ブランドで間違い無いと思います。

 

エムピウでは財布以外にも機能性を重視した小物がたくさん作られています。

商品一覧が知りたい方は一度公式サイトへ行くことをお勧めします。

m-piu.com

 

※左利き用は基本的に受注生産となります。エムピウにお問い合わせください。

また定価販売ですのでまがい物や価格には気を付けてください