お酒が飲める甘党社会人の趣味とおやつ

甘党社会人がおやつやグルメ、健康についての情報を紹介し続けるブログ

ミニ財布 エムピウ ストラッチョ ゴート レビュー

最小サイズの革に最大限のスペースを持った革財布

f:id:kubottti:20190617222622j:plain

今回紹介するのはミニ財布M +(エムピウ)のストラッチョです。

(2018年7月購入)

「コンパクト」というよりも、最低限を持ち運ぶための「ミニ」財布です。

小さいですがエムピウ特有の使いやすさにこだわった特徴的な財布です。

エムピウなのでカラーバリエーションは豊富です。

電子マネーやカード支払いが多く、紙幣や硬貨が最小限で事足りるミニマリスト向け財布

・ちょっとした買い物のときにすぐに持ち出すサブ財布

そんな使い方に向いてます。

自分は少しの小銭を入れて会社での自販機代を支払うために使ってます。

 

ゴート(ヤギ)革モデルは現在生産終了となってしまいました。しかし革を変えて生産が再開されています。構造自体は変わりませんが革の硬さや質感、値段には大きな差があるので注意してください

 

通販サイトやエムピウ公式ページで購入が可能です。

 

目次

  • 特徴

  • 長所

  • 短所

  • 総評

 

特徴(ゴートモデル)

f:id:kubottti:20190617222642j:plain

ストラッチョは「ぼろきれ」の意味で飾らないシンプルなミニ財布です。

ゴートモデルでは丁寧にタンニン鞣しされた革を使い、ホック一か所で止める簡単な作りになっています。財布の内側は革の裏面がそのまま見える珍しい作りです。

 

ホックを開くと中には三枚くらいなら入るカードポケットと15枚くらいはいる小銭入れがあります。

 

小銭入れの上部の短い革を折るとお札が顔をお出し、小銭入れにふたがされます。そのため紙幣も取り出しやすくなっています。

 f:id:kubottti:20190618074208j:plain

ゴート革はかなり柔らかく、しっかりと小銭入れをのぞき込むことができます。

また表面は独特の模様があり出触りがなめらかです。

f:id:kubottti:20190617231714j:plain

 長所

 ・軽い、小さいけど実用的

重さは30g今まで紹介してきたミッレフォッリエと比べても薄く、小さい。

しかし最低限は持ち運べる収納力があるのでかなり実用性が高いです。

ちょっと近場への買い物なら十分賄えます。

・質のいい革

いままでゴート革を触ったことがなかったので初めて触った時の柔らかさは驚きました。しっかりタンニン鞣しされているのでじわりじわりと色合いが変化しています。

ゴートモデル以外もエムピウさんこだわりのイタリア産タンニンなめし牛革なので革の質はとても良いです。

・低価格

ゴートタイプは5000円以下で買えました。

 

現在のモデル牛革でもリスシオ/ブッテーロモデルが7500円程度です。

どのモデルもエイジングや質感はいいです。

似たような財布でアブラサスやハンモックウォレットと比べると1万円を切るのは安いといえます。

しかし最上級のスペリオーレは内側にヌメ革を使うので1万円を超えてしまうので注意です。

短所

・開ける向きは注意

下の写真の向きで開けたときに上から下向きに重力がかかると

小銭があふれ出してそのあたりに落とします。

一度家で開けた時に小銭をこぼしひやっとしました。

慣れるまでは開けるときは水平にするか向きに注意が必要です。

f:id:kubottti:20190617233006j:plain

f:id:kubottti:20190618000005j:plain

・収容力は最低限しかない

自分は身分証、保険証、クレジットカード、ポイントカードなどを持ち運ぶのでメインの財布にしては収容力が足りません。

3枚くらいで事足りる人でないと足りないと感じると思います。

 

・紙幣は少し入れにくい。また折れてしまう

この財布は内側に布を使わず革の普段見えてこない面が顔を出します。

少しざらつきがあり、財布自体に折り目があるので紙幣をしまう時は少し抵抗感があります。

また紙幣には三つ折りの跡が軽くついてしまいます。

 

総評

こんな人におすすめ

・カードすらもあまり持ち運ばない人

・とにかく軽く、小さい財布を探している人

・サブの財布を探している人

・無理やり断捨離してミニマムな生活を目指してる人

 
ちょっとしたお出かけにはもってこいです。
収容力はサイズにしてはありますが小さいので限界があります。
ミニマムを目指している人には向いているかもしれませんが普通の財布の代わりになる人は少ないと思います。
自分は身分証、保険証、クレジットカードでいっぱいなのでポイントカードが入る隙間がないのでメインで使うことはなさそうです。
 
現在手に入るストラッチョはエムピウ公式で確認できます。
セレクトショップによっては限定品を扱っているところもあります。
商品名+「限定」はエムピウの財布を探す際に新しい発見があるのでお勧めです。